キャンディルは少額投資でQUOカードがっぽり優待【2020年9月分】

9月優待
この記事は約3分で読めます。

建物の修繕・改修が主力。住宅、ホテルなどリペアサービスや抗菌・光触媒施工も行っている「キャンディル」から株主優待をいただきました。

スポンサーリンク

キャンディルの株主優待内容

キャンディルの優待は、株の保有数に応じてQUOカードがもらえます。

特筆すべきは200株(執筆時の株価で10万7,000円相当)の保有で3,000円ものQUOカードが年に1回貰えます。

この200株の優待利回りは、大盤振る舞いすぎでしょ。そのうち、廃止されないかが心配。

届いた株主優待

で、届いた株主優待がこちら。

キャンディルの優待が入ったカード(2020年9月)

封筒ではなくて冊子。

キャンディルの株主優待冊子(2020年9月)

中を開くとこんな感じ。

キャンディル優待の冊子を開いた状態(2020年9月)

QUOカードを取り出すとこんな感じ。

キャンディルのQUOカード(2020年9月権利)

完全な企業オリジナルデザインのQUOカードです。QUOカードも3,000円以上もらうと、もらった感がすごい。

僕は2名義分保有しているので、2枚もらいました。

2名義分のキャンディルQUOカード

これ当分、コンビニの支払いには困らない。

キャンディルの投資指標

2021年2月18日時点の投資指標はこちら。

キャンディルへの投資指標(2021年2月18日)

マネックス証券より

  • 株価:538円
  • 時価総額:58億円
  • 自己資本比率:40.4%
  • 予想PER:38.2倍
  • 実績PBR:1.72倍
  • 予想配当利回り:1.12%(6円)
  • 予想配当性向:42.46%
  • 優待利回り(200株):2.79%(30円)
  • 総合利回り(200株):3.35%(6円+30円)

PER的には割高です。

ただ、優待利回りだけで2.8%あるので、ついつい優待族が魔が差してしまうほど魅力的に見えます。

なんせ、QUOカードは現金とほぼ同等ですし、配当と違って税金も取られないですからね。

キャンディル雑感

キャンディルは、70%優待動機で買ってしまった銘柄です。

一応、リフォーム・リペアサービス会社ということで、コロナの影響もプラスに働くと思って購入しました。

様々な企業の決算などを見ていると、戸建て住宅のダメージは少なく、追い風が吹いている企業もあったので。抗ウイルス抗菌サービスとかもやってたし。

キャンディルの株価(2020年2月19日)

株探より

購入後、株価は順調に上がったのですが、優待の権利日後にガンガン値が下がって今は含み損。

豪華な優待銘柄の権利日後はこれがあるから難しい。

業績の方も、コロナが追い風とまではいかず、2020年9月期は減益、2020年9月期も減益予想なんで株価もこんなもんなんでしょう。

キャンディルの業績予想(2021年9月期)

株探より

とりあえずここは、たいした投資金額でもないですし、株主優待目当てで保有で問題ないんじゃないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました