大冷優待の自社製食品を美味しくいただいた【2020年9月分】

9月優待
この記事は約3分で読めます。

業務用冷食の卸売で「骨なし魚」が主力。給食など医療・福祉施設に強みを持つ「大冷」からいただいた株主優待。

スポンサーリンク

大冷の優待内容

優待内容はこちら。

大冷の優待内容(2020年9月権利)

みんなの株式より

100株以上の株主に対して、2,000円相当の自社製品がもらえます。

権利日は9月末。

実際に届いた株主優待

届いた株主優待がこちら。

大冷優待の箱(2020年9月権利)

「株主優待品在中」と書かれた箱がクール便で届きます。

大冷優待の箱斜め(2020年9月権利)

箱を開くと、こんな感じで入っています。

大冷優待の箱を開いた状態(2020年9月権利)

中身を全部取り出したものがこちら。

全部でこれだけ。2,000円相当の商品です。

  1. 骨なしさば
  2. 骨なしさんま
  3. 肉巻きおにぎり

詳細はこちら。

大冷の優待明細(2020年9月権利)

レシピもあります。

大冷優待のレシピ

大冷の投資指標

2021年5月6日時点での投資指標はこちら。

大冷の投資指標(2021年5月時点)

マネックス証券より

  • 株価:1,930円
  • 時価総額:166億円
  • 自己資本比率:72.9%
  • 予想PER:16.9倍
  • 実績PBR:1.41倍
  • ミックス係数:23.8
  • 予想配当利回り:2.85%(55円)
  • 予想配当性向:48.10%
  • 優待利回り(100株):1.04%(20円)
  • 総合利回り(100株):3.89%(55円+20円)

自己資本比率72.9%、有利子負債0、キャッシュも豊富で財務は鉄板。

超割安というわけではないですけど、総合利回りが3.89%もあってまずまず。

大冷雑感

大冷は、新型コロナウイルスの影響で外食や給食向けが軟調でした。

ただ、購入当時総合利回りが4%以上あったことと、アフターコロナ銘柄も持っておくつもりで購入しました(ポートフォリオがwithコロナばかりだった)。

大冷の株価チャート(2021年五月時点)

ただ、アフターコロナ銘柄と思っていたにもかかわらず、株価は順調に推移。

と思っていたら優待権利日後は、優待価格以上に大きく下げています。そんな皆が皆優待目当てだったんだろうか。

自分も人のことは言えないけど。ここまで下げるとは思わんかった。

とりあえず、配当と優待ももらいつつ僅かながらも含み益なので、良しとします。

優待目当てで1単元程度を持つ分には、現在何の問題もないと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました