日本たばこ産業の2019年12月期の株主優待が届いた【JT】

12月優待
この記事は約2分で読めます。

JTの株主優待が届きました。

JTは100株~2000株以上の株主に対して、以下のような株主優待を設けています。

JTの株主優待(2019)

僕は、200株以上持っていたので「4,500円相当の自社グループ会社商品(食品等)」でした。

スポンサーリンク

JTの優待品

もらえる優待品の詳細はこちら。

JT株主優待パンフレット1

優待の内訳はこちら。

JT株主優待パンフレット2

僕の場合は、200株だったのでBコースです。

とりあえず、選択肢として「ご飯セット」と「カップラーメン」と「寄付」しかなかったので、「ご飯セット」を選択しました。

届いたご飯セット

届いたご飯セットがこちら。かなりズッシリと重たい箱が届きました。

JTの株主優待のご飯パック

中には全部「ご飯パック」が詰め込まれています。滅茶苦茶重い。

並べてみると、こんなに入っていました。

JTの株主優待のご飯パックを並べた状態

内訳はこんな感じ。

  • 国産こしひかり3食入り×4
  • 宮城県産ひとめぼれ4食入り×2
  • プレミアム魚沼産コシヒカリ4食入り×2

国産こしひかり12食、宮城県産ひとめぼれ8食、魚沼産こしひかり8食、トータルで28食分のご飯パックが届きました。

1パック150gとして、4.2kg分です。

重量感がハンパない。

まとめ

この記事を書いた時点の株価は1957円です。

JTの投資指標(2020年12月期)

予想PER11.39、予想配当利回り7.87%、100株保有の際の総合利回りは9.15%、200株保有の際の総合利回り9.22%、と指標面ではかなりの割安感はあります。

しかしながら、昨今のタバコ規制の強化のことを考えると、この不人気(割安)具合に妥当感もなきにしもあらず。

加えて、2019年12月に発生した、中国・武漢発祥の新型コロナウィルスに感染した時、重篤化しやすい患者の例として「タバコを吸っている人」というのも挙げられています。

なので、今後よりタバコに厳しくなることが予想されることから、この株価が安いのか高いのかは正直判断が付きません。

「この先たばこ産業に成長の余地がある」と考えれば安く感じますし、「成長の余地がない」と考えるとこの割安具合も妥当ではないかと。

「とにかくテーブルマークの”パックご飯”と”カップラーメン”好きな人」には、ある程度嬉しいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました