ブロードリーフ優待は高額のVISAギフトカードが貰える【2020年12月分】

12月優待
この記事は約3分で読めます。

部品管理ソフトを販売し、自動車整備業者向けで高シェアを得ている「ブロードリーフ」から株主優待が届きました。

スポンサーリンク

ブロードリーフの優待内容

優待内容はこちら。

ブロードリーフの優待内容(2020年10月権利)

結構な金額のVISAギフトカードがもらえます。

昨年までは、QUOカードでしたが2020年からVISAギフトカードになりました。

株主優待 | 株式情報 | IR情報 | 株式会社ブロードリーフ

僕は、家族名義も含めて500株、500株、2000株を保有しています。

届いた株主優待

実際に届いた株主優待がこちら。

ブロードリーフの優待封筒(2020年12月権利)

VISAギフトカードの封筒です。

ブロードリーフ優待封筒斜め(2020年12月権利)

中に入っていたのがこちら。

ブロードリーフのギフトカード冊子(2020年12月権利)

見た目はほんとVISAのクレジットカード。

ブロードリーフのVISAギフトカード(2020年12月権利)

いつの間にかこんな汎用的なギフトカードができていたのか。

ブロードリーフVISAギフトカード斜め(2020年12月権利)

裏面はこんな感じです。

ブロードリーフギフトカード裏面(2020年12月権利)

これは全部で3万円分いただきました。結構大きい。

ブロードリーフからもらったVISAギフトカード全部(2020年12月権利)

この、VISAギフトカードは、通常のクレジットカードと同様に利用できるようです。利用方法はこちら。

VISAギフトカードの利用方法

FAQなどはこちら。

VISAギフトカードのFAQ

ブロードリーフの投資指標

2021年3月31日時点での投資指標はこちら。

ブロードリーフの投資指標(2021年3月時点)

マネックス証券より

  • 株価:543円
  • 時価総額:532億円
  • 自己資本比率:76.2%
  • 予想PER:30.7倍
  • 実績PBR:1.93倍
  • 予想配当利回り:1.29%(7円)
  • 予想配当性向:39.68%
  • 優待利回り(500株):1.84%(10円)
  • 総合利回り(500株):3.13%(7円+10円)

自己資本比率76.2%で、借金も少なく財務は問題ないと思います。

ただ、指標的には割安感はないです。総合利回りがまずまずといったところ。

ブロードリーフ雑感

ブロードリーフは、自動車産業は外食や観光業ほどコロナの影響を受けていないさそうなのを確認して購入しました。あと、高利回りにつられて購入したのも否めません。

ブロードリーフの株価チャート(2020年3月時点)

株探より

購入後は、株価が大きく上げたこともあったのですが、2020年決算で発表した2021年の業績予想が芳しくないうえに、減配で株価は大きく下げています。

ブロードリーフの2021年業績予想

株探より

まさか、2020年が減収となるのは予想通りだったんですが、2021年の方が減収減益となるとは思っていませんでした。

ブロードリーフを今後どうするかは、2021年1Qで決めたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました