日本KFDホールディングス優待はケンタッキー商品引換券が年2回【2020年9月分】

9月優待
この記事は約2分で読めます。

ファストフード大手「ケンタッキーフライドチキン」を展開している「日本KFDホールディングス(以下、ケンタッキー)」の株主優待。

スポンサーリンク

ケンタッキーの株主優待内容

優待内容はこちら。

ケンタッキーの優待内容(2020年9月時点)

年に2回、国内のKFC店舗で利用できる商品引換券が貰えます。

3年以上保有株式の場合、商品券が倍になります。

権利日は、3月末と9月末。

株主優待制度|日本KFCホールディングス株式会社 KFC Holdings Japan, Ltd.

届いた株主優待

実際に届いた株主優待がこちら。

ケンタッキーの株主優待券(2020年9月権利)

僕は、300株を保有しているので、1,500円分の優待券(保有3年以上で3,000円分。これが年に2回もらえます。

ケンタッキーの優待券斜め(2020年9月権利)

こんな感じの500円券として利用できます。

ケンタッキー優待券500円分(2020年9月権利)

僕は、家族名義も含めて2,000円分をいただきました。

ケンタッキーからいただいた株主優待券全部(2020年9月権利)

ケンタッキーは、全国どこにでもありますし、あったらなんぼでも喰うのでありがたい。

ケンタッキーの投資指標

2021年4月21日時点での投資指標はこちら。

ケンタッキーの投資指標(2021年4月時点)

マネックス証券より

  • 株価:2,872円
  • 時価総額:644億円
  • 自己資本比率:57.4%
  • 予想PER:-倍
  • 実績PBR:2.76倍
  • ミックス係数:-
  • 予想配当利回り:2.09%(60円)
  • 予想配当性向:-%
  • 優待利回り(100株):0.35%(10円)
  • 総合利回り(100株):2.44%(60円+10円)

自己資本比率57.4%、有利子負債0、キャッシュも豊富で財務は万全。

ケンタッキー雑感

ケンタッキーは、コロナショック直後の4月の時点で月次がよかったので購入しました。

ケンタッキーの株価チャート

株探より

実際、コロナ色はどちらかというとプラスに働いているようで、その後の月次もよく、他の外食産業よりは、業績は良いです。

とはいえ、株価は全然振るわずヨコヨコです。コロナショックの底の方で購入できた割には、パフォーマンスは全然良くない。指数とかにも負けている。

ただ、ケンタッキーは半年に一度優待券が貰えるので、それでMPを回復しつつ保有できればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました